塾の役割って?塾へ行く理由とは

2018年12月19日

突然ですが、みなさんは何のために塾を使うのでしょうか??   ●赤点を解消するため ●志望校に合格する力をつけるため ●苦手な科目を無くしたいため ●得意科目をさらに伸ばしたいため ●次の定期テストで目標点数を取りたいため   細かい理由は人それぞれですが、大きいくくりとしては「成績を上げるため」に尽きるかと思います。 成績を上げる=テストで点数を取ることになりますが、点数がなかなか取れない生徒の多くには共通の原因があります。   それは・・・・     「勉強していないだけ」     元も子もないですが、本当にただこれだけが原因の場合が多いんです。 勉強していない、つまり時間を取っていないことが原因です。「時間は取っているけれど成績が伸びない!」という場合は、勉強のやり方が間違えているか、時間を取っているつもりでも実際にはそんなに時間を取っていないことがほとんどです。 (勉強のやり方については塾側で教えてあげればより良い方向に向かいます)   じゃあなんで勉強の時間を取らないのか??   それは、単純に勉強が辛くて大変だからです。「勉強大好き!!!」という子はほとんどいません。嫌いなことは自然と後回しにしたり見ないフリをします。それでも、自分の将来のために嫌いな勉強でもやらなくてはいけません。   そこで登場するのが学習塾です。   塾の役割は、当然受験テクニックや勉強方法を教えることもそうですが、一番は「勉強する環境を提供すること」です。強制的に勉強しなくてはいけない日を作ったり、自分に合うカリキュラムを組んでもらったり。   授業や指導内容も大切ですが、自分のやる気に火をつけてくれるような学習塾を探しましょう!   真友ゼミ仙台校は勉強のやる気と環境を提供します!まずはその目で確かめに来て下さい。    

メルマガ登録

メルマガ登録

閉じる