世界史チャレンジ問題⑥|高田駅前教室

2021年09月10日

【世界史の問題にチャレンジしてみよう!】◎新潟駅・東三条駅・六日町駅・長岡駅・上越高田駅・仙台駅の塾、真友ゼミの講師陣による大学受験勉強方法ブログ!

 

 

激ムズ☆世界史チャレンジ!! 第6

 

 

 

 

第6回 中国史(三国時代~魏晋南北朝) ~問題編~

 

 

問1 三国時代~西晋における政治的展開について、誤りを含むものは次のうちどれか

 

   a.丕が後漢・献帝の禅譲を受けて魏が成立した

   b.建業に都を置いた呉は魏の攻撃を受けて滅亡した

   c.劉備は四川に蜀を建て諸葛亮を丞相とした

   d.魏の実力者の子である司馬炎が禅譲を受けて西晋を建てた

 

 

問2 290年に起きた、西晋の朝廷での帝位をめぐる内紛、及びこれに乗じて311年に匈奴

   の劉淵が起こし、西晋の滅亡の原因となった反乱の名はそれぞれ何というか。

 

   a.永嘉の乱 b.黄巣の乱 c.赤眉の乱 d.八王の乱

 

 

問3 九品官人法(九品中正法)とはどのような制度か。

   また、それが門閥の強化・固定化を推し進めることになったのはなぜか、70字程度で説明せよ。

 

 

 

 

 

第6回 中国史(三国時代~魏晋南北朝) ~解答編~

 

 

今回の出題校は早稲田大学(改題)と名古屋大学

 

なにげに私大を取り上げるのは初だったりします。
ちょっとディープな知識も交えつつ、三国~魏晋南北朝時代の通史を確認しましょう!

 

 

 

 

よって問1は

 

b.建業に都を置いたは魏の攻撃を受けて滅亡した

 

が誤文です!

 

 

 

 

次に晋の歴史もチェック!

 

 

280年…呉を滅ぼし中国再統一! 都:洛陽(魏時代と同様)

しかし司馬炎はここで図に乗り、政治をサボり始める

オマケに後継者(恵帝)はちょっと抜けてる人    →実権は皇后と外戚が握る

諸王はこれが不満            →みんなで反乱!!! =八王の乱(290年)

 

この際、周辺民族の兵力を借りていたから大変!!

…匈奴の劉淵が西晋をやっつけて新たに建国(、又は前趙)    =永嘉の乱(311~316年)

 

でも西晋の残党は生きていた!

司馬睿(しばえい)が江南(長江以南、ざっくり呉・蜀のあたり)に移り晋を再興

 都を洛陽→東の建業改め建康に移し、東晋と称する

 

 

なので問2は

 

290年、帝位をめぐる内紛      …d.八王の乱

311年、西晋滅亡の原因となった反乱 …a.永嘉の乱

 

が正解!

 

 

一方、華北は異民族が跳梁跋扈!そのカオスな時代が五胡十六国時代です。

5つの異民族(+漢族)が16の国を作った、という意味です。

十六国の暗記は…もちろんいらないです。でも五胡には軽く触れます。

 

 

匈奴         (モンゴル系)

②及びその一派である (  〃   )

鮮卑         (モンゴル系 or トルコ系)

          (チベット系)

          (  〃   )

 

 

このカオスに鮮卑の一派・拓跋氏が収集をつけ、華北統一!(439年)

 

拓跋氏…北魏を建国(都:平城…山西省大同市、山西省は黄河よりだいぶ北)

    第3代太武帝が華北統一

    第6代孝文帝漢化政策推進(洛陽遷都、風習・言語を中国風に改める)

              ②各種制度の整備(成人男子に均しく田を配る均田制

                村を隣・里・党のブロックに分け隣長・里長・党長をおく

                三長制など)

しかし漢化政策がウケず反乱(六鎮の乱)→東西分裂!

分裂してできた西魏・東魏は、その後以下のように変遷します。

 

西魏→北周→隋→

東魏→北斉→×

※北斉は、隋により滅亡。

 

 

一方、江南では、420年、東晋の武将劉裕(りゅうゆう)が即位しを建国

その後、(宋→)斉→遼→陳、と王朝が変遷。これらを南朝といいます。

南朝の都は、いずれも建康です!

 

 

この期間、豪族が力を増しました ←疲弊した農民を手下にした為

それが面白くないのが国 →政府が直接土地・人民を管理する制度を作りました。

 

 

①魏  …屯田制(荒廃地に入植させ耕作させる)

②西晋 …占田法(土地所有を制限し豪族けん制)

      課田法(各人に土地を割り振り課税)

戸調式(一戸ごとに布類徴収 ※調=布類での課税)

③東晋 …土断法(北魏からの難民に戸籍を作り課税)

     ※難民は元々戸籍なし →課税しようがない

④北魏 …均田制(上述、by孝文帝)

 

 

また、漢代の郷挙里選も機能不全に ←戦乱で郷・里が崩壊したため

なので、郷挙里選に代わる官吏登用制度が必要とされ、魏の曹丕が制定したのが九品官人法(九品中正法)です。

 

 

九品中正法とは

地方に派遣された役人が、人材を能力別に9ランクに分け推挙

というシステム。もちろん中正官は豪族に媚びます

 →結果、豪族が官吏の地位を独占 =門閥貴族

 

 

 

よって問3は

 

中正官が人材を能力別に9等級に分けて官吏に推挙する制度であったが、中正官と豪族が結託したため豪族ばかりが推挙され、官吏の地位を独占したから。

 

となります!

 

 

メルマガ登録