受験に向けた時間の作り方

2018年12月18日

12月も折り返しを過ぎ、今年も残り2週間を切りました。センター試験まではちょうど1ヶ月となります・・・!早い! そんな中、仙台市内の中学校や高校は今週末や週明けから冬休みに入りますね。講習や課題、部活などがまたまた高校生を忙しくさせます。 さて、時期的に受験勉強を「そろそろやるか~」と考え始めた2年生や定期テストが散々だった1年生の方々からのお問合せを多く頂くのですが、決まってこの時期は   「部活が忙しくて通えない、時間が取れない」 というお声を頂きます。   勉強を頑張りたいから塾を探している生徒・保護者の方々なのですが、部活が理由となり結局通塾を断念したり、そもそも教室見学に来ることすらできない方もいます。       本当に時間が無い??   ただ、お叱り覚悟で申しますと「時間が本当に無い方」はそこまで多くなく、どちらかというと「時間を作らない方」がほとんどです。長年大学受験に向けて高校生の指導に取り組んでいますので、部活動や学校の課題の忙しさは重々に把握しています。特に部活動強豪校や野球・サッカー・吹奏楽など元々忙しい部活は確かに時間が取りにくいです。 これは、結論から言ってしまうと、勉強の優先順位が低いだけの話になります。ですので、部活をやっていない高校生でも「時間が無い」と言う子はいます。   「時間が無い」の正体は、「時間(を作ってまで勉強をやる気持ち)が無い」であることがほとんどです。       時間を作るには??   時間を作るために、まずは1週間・1日のタイムスケジュールを整理整頓してみましょう。 ・何曜日は何時~何時まで部活なのか ・帰宅するといつも何時頃か ・何時から何時が自由な時間か ・自由時間にはいつも何をやっているのか ・いつも何時に寝ているのか ・何曜日が部活が休みか ・土日の部活は何時までか こんな風に1週間・1日の時間を思い返しましょう。そうすると1日1時間、少なくとも1週間に1日くらいは自由に使える時間があるはずです。 「その自由時間全てを勉強に使えー!!!」なんて酷なことは言いません!高校生ですので勉強以外にやりたいことや楽しいことはたくさんあるはずです。ただ、ほんの少しだけでも勉強の優先順位を上げてあげてください。 勉強は辛くて大変なものです。ただ、ここから目をそらして「時間が無いフリ」をしていると、いつまでも成績は改善されません。何も手を打たなければ、時間が経てば経つほど学力は下がりますが自然と伸びることはありません。     時間が見つかればあとはやるだけ!   時間を確保したらあとは行動するだけです。自分で行動する意思が弱いなぁと感じる方は強制的に動かなくてはいけない環境を作ってください!(つまり塾に行くこと)   時間の作り方やスケジューリングが苦手な方はぜひご相談ください!真友ゼミは、通塾フリー・夜22時まで・土日開校など、時間が取りにくい方でも利用しやすい仕組みでお待ちしています!

メルマガ登録

メルマガ登録

閉じる