古文の読み方④|東三条駅前教室

2020年03月17日

古文の読み方④ 仮定と仮定逆接は見落とすな!

 

今回は、仮定と、仮定逆接についてお話ししましょう。

 

以前、古文は間違っても全訳するな、と言いましたが、当然重要な箇所は訳していかなければいけません。
仮定はまさに、訳しておかなければいけない重要な箇所です。見逃すと100%読解に失敗します。

 

 

仮定とは、「事実ではない」想像の話です。

 

「明日のテストで満点だったら、お小遣いアップしてもらえる」

 

という文があっても、明日のテストで本当に満点取れるかどうかは分かりません。

あくまで「~だったら」という話なので、古文でここを丁寧に訳さずに流してしまうと、「テストで満点取ったはずなのに、なんで逆にお小遣い下げられてるの?」って事態になりかねません。

 

だから仮定は必ず訳しましょう。

 

 

仮定の見分け方は簡単です。〔未然形+ば〕を見つけたら、「もし~なら」を付け加えるだけです。
これ自体は簡単です。

問題は、〔未然形+ば〕をすぐに訳せない人が存外多いことです。
即座に活用形を判別できないと、受験古文は致命的です。
すぐに、文法書についている活用表を覚え直しましょう。

 

 

この仮定に、前回説明した逆接の要素が加わったのが、仮定逆接です。(まんまやないかい!)

これもそんなに難しくありません。覚える単語は「とも」、訳し方は「たとえ~でも」、これだけでOKです。

「明日のテストで満点を取るとも、お小遣いは下げられる。(´;ω;`)」

 

逆接と同様、結論は文章の後半部分、「お小遣いは下げられる」の部分なので、事実に悩む必要はありません。
どうあがいても「お小遣いは下げられる」のです(´;ω;`)

 

 

次回は疑問・反語についてです!

メルマガ登録

メルマガ登録

閉じる