農学系統で学ぼう!

2020年05月01日

大学受験情報

地球規模の諸問題と聞いて皆さんは何をイメージしますか?

 

ぱっと思いつくのは、地球温暖化などの環境問題でしょうか。
国境関係なく私たち人間が抱える諸問題は、人口問題・食糧問題・エネルギー問題などがあります。
どれをとっても解決困難だと言われているこれらの問題と直接向き合っている学問があります。

 

それは、農学系統の分野です!

 

例えば、農業・畜産業・林業・水産業などの技術を研究する実践的な学問です。研究の中心は、農作物・食肉・魚介類などの食糧資源に関するテーマです。

 

今回は、これらの学問について簡単に紹介していきます!

 

 

農学は、「遺伝子から地球規模まで」を扱う最先端の総合生命科学分野と言えます。

作物などの植物をはじめ、家畜や魚介類など生産生物の生産原理や、効率のよい生産技術や管理法、地球環境との共存法など学びます。

 

 

農学系統では…

 

・化学や生物学の知見を農業のいろいろな技術に応用する農業化学

・環境に負荷を与えず、生産性の高い持続可能な研究を行う農業工学

・食糧の安定供給と安全性の確保のための方策を研究する農業経済学

・木材など森林資源の利用と森林環境の保護を研究する森林科学

・家畜などの動物の飼育と健康管理、資源としての利用を研究する畜産学・獣医学

・海洋や河川、湖沼に暮らすあらゆる動植物を対象に、水産物の漁獲や増殖、海洋環境の保護、水産物の資源としての利用方法について実践的に研究する水産学

 

などの実践的な技術を学ぶことができます。

 

 

農業化学では、開発した農薬を実際の試験場に散布し栽培を行ったり、水産学では、実習船に乗って行う海洋実習などフィールドワークも充実しています。

 

農学の研究では、植物・動物についての科学的な知識と、農業生産の実践的な技法、さらに、自然環境の問題を総合的に学ぶことができます。農学を専攻した学生の進路として、農業の専門家として食糧の生産に携わる仕事、農業の技術を指導する仕事(都道府県や市町村職員、農業団体の職員など)が挙げられます。

 

「実家が農家だから、この学問学んだらとっても役に立ちそう!」や「座学だと退屈で…実習が面白そう!」など興味のある人は是非農学系統を視野に入れてみてくださいね!

メルマガ登録

メルマガ登録

閉じる