受験を通して学んだこと

2020年05月29日

高校受験、大学受験、人によっては中学受験や幼稚園受験を経験する方もいます。
受験は、「希望の学校に入学するために勉強を頑張ること」が主な意味合いとなりますが、得られるものは合格・不合格だけではありません。

 

受験を通して何を学んだか。

 

ここでは、真友ゼミ卒業生向けアンケートの設問「受験を通して学んだことは?(成長したと感じること)」に対する卒業生たちの言葉をお伝えしていきます。彼らが受験勉強という、言ってしまえば「人生の修行」を通して感じたことを、ぜひ参考にして日々の勉強にお役立てください。

 

 

受験を通して学んだこと・成長したこと

 

 

・何かをがんばることはとても楽しい
・忍耐力がつきました
・自主的に勉強を始められるようになった
・基本基礎が一番大切だと改めて学びました
・一つのことに対して真剣に向き合える自分を知りました
・集中力が養われたと感じます
・模試の結果が全てではない
・分からないことを分かるまで追求するようになった
自分で考えて決める力を身につけた
・嫌でもやるべきことを投げ出さなくなった

 

 

・継続力を得られたし、目標に向かって頑張る大切さを学んだ
・長時間椅子に座って勉強をしても苦に感じなくなった
・勉強する習慣が身についたと思う
やろうと思ったことは後回しにせず、すぐにやった方が良いと学んだ
・時間の使い方が上手くなった
口だけじゃなくて行動すること
・周りの人に感謝の気持ちを忘れない
・どんな時でもあきらめないこと
・一年は結構短い
・ちゃんと努力をしないと望みは叶えられない

 

 

・継続することの大切さ
毎日コツコツ勉強することが何よりも大切だった
自分の限界まで挑戦できたことで自信がついた
・小論文の練習をたくさんしたため文章力が身についた
・良い意味で自分の限界を知れた
・物事を円滑に進めるために計画が大事
・自主性が育った
・様々な分野に興味を持つようになった
・面接の練習をしたので話し方に気をつけるようになった
自分はたくさんの人に支えられていたんだなと実感しました

 

 

・コツコツ努力するのは苦しいけど終わってみたらそれは人生の糧になると感じた
・根気強く頑張ることで目標を達成できることがわかった
・多くの人の支えがあって生きていられるとわかった
・大きな目標に向かって、それを達成することの大切さと難しさ
・切り替え、メリハリが重要
・学んだことは、やればやるほど結果にあらわれるということ
・自分の将来の捉え方が180度変わりました
・自分のやりたいことを自分で見つけられた
自分を応援してくれる人の存在のありがたさを知りました
支えてくれる人から受ける大きなパワーが自分の力になる

 

 

 


 

 

以上、受験を通して生徒ひとり一人が何を感じて何を得られたのかをまとめました。
その中で、複数人が挙げてくれたものをさらにまとめますと、

 

「コツコツ勉強すること(継続)は大事」
「自主性が養われた」
「支えてくれる人の存在の大切さ」

 

この3つが多かったです。

 

 

言わずもがな、勉強は継続が大事です。一度覚えたことも、数日経てば忘れてしまいます。また、試験日までの日数を逆算して計画を立てることで、毎日コツコツやらないといけない事実を知ることができます。

 

自主性については、自分で大学を探したり、勉強方法を模索したりなど、目標を達成するために何をすべきかを頭で整理して実行する力が養われます。

 

そして、無事に勉強ができていることが、親や兄弟、友人たちの協力があってこそだと気づきます。特に親御さんへの感謝の気持ちが強くなることも受験ならではだと思います。

 

 

 

冒頭にも書きましたが、受験勉強は合格・不合格だけのものではありません。
各々、限られた時間の中で目標に向かって頑張ることで、何か気づきや成長を得ることができます。
それこそが、この先の大学生活や社会人生活で真に役立つ力となります。

 

ぜひ皆さんも、あらためて受験の意義を感じ、自分の目標に向かって1日でも早くスタートをしていただけたら幸いです。

 

 

 

受験の軌跡!合格体験記集2020

◆真友ゼミは受験を通した自己成長をお届けする塾です。

 

 

メルマガ登録

メルマガ登録

閉じる