今夏の各学年の動き|仙台駅前教室

2020年08月09日

◎新潟駅・東三条駅・六日町駅・長岡駅・上越高田駅・仙台駅の塾、真友ゼミの講師陣による受験生応援・駅前塾ブログ!

 

 

受験情報や勉強方法、コラムではない、本当にいたって普通のスタッフ日記です(たまには)

 

「夏」と言えば、塾業界では動きが大きい季節となります。
中学生・高校生の各学年の皆さんが、夏休みを機会に勉強や進路に対して前向きに考えて行動してくれます。

 

 

しかしながら、今年の夏はちょっと例年とは違う雰囲気・動きのように感じています。
高校生(大学受験)の状況にはなりますが、各学年の動きと考えられる理由は以下になります。

 

 

 

 

各学年の動きと考えられる理由

 

 

◆高校1年生
例年よりもお問合せが多く、そこから塾探しで教室見学をするなど、すぐに行動をしている人が多い印象。
例年の1年生だと、春~夏にかけてお問合せや資料請求を「とりあえずやる」という人が多く、実際に行動をするのが秋以降です。今年はお問合せから行動までが早いです。

 

考えられる理由:
話を聞くところ、休校による学習の遅れに対する不安や、最初のテスト結果が良くなくて心配とのこと。
入学式も無いまま休校期間に突入し、授業も課題が中心(オンラインで対応している高校は少なかった)
当然「このままで大丈夫なのか」と不安になります。
そうして臨んだ最初の定期テストの成績が良くなく「やっぱりダメだったか・・・」と現在の学習状況に対する不安と危機感をかなり感じているからだと思われます。

 

 

 

◆高校2年生
びっくりするくらい全く動きが無い状況。
「2年生の夏が受験勉強の最終スタートライン」と言われるくらい大事な時期なのに動きがほぼ無い。

 

考えられる理由:
正直、理由が浮かばないくらい全く動きが無い今年の2年生。
しいて言えば、もともと2年生は「中だるみの学年」です(学校生活に慣れきって色々と手を抜きやすい)
今年は大学のオープンキャンパスや進学系イベントが軒並み中止やオンライン化してしまい、勉強や進路を考える機会が減ってしまった点が「中だるみ」に拍車をかけているからかもしれません。

 

 

 

◆高校3年生
びっくりするくらい動きが例年よりも遅い。
お問合せ自体も7月~8月上旬になってもまだ頂きます。8月になった今なお、「まだ検討中」「お盆期間中に考える」「お盆が過ぎてから」と、本来すぐにでも動くべき時期なのに非常にのんびりしている。

 

考えられる理由:
例年だと6月の高校総体後、つまり部活引退後に動きが活発になります。
それが、今年は総体は中止。代替の試合などが7月いっぱい行われ引退の時期が約2ヶ月遅れてしまった。
さらに休校期間の影響で8月になってようやく夏休みになった点も理由の一つかもしれません。
例年よりも約2カ月程度動きが遅くなっています。

 

 

 

 

以上が今年のお問合せ状況から見て取れる各学年の動きです。
本当の理由は各ご家庭様々、当事者の胸の内を聞かなくてはわかりませんが、少なくともコロナによる影響は大きいと思われます。

 

 

 

 

 

3年生は1分1秒でも早く動いて!

 

 

1年生は危機感を持って動く方が多いので安心できますが、2年生と3年生が心配です。
100歩譲って2年生は受験まであと1年半ありますが、3年生は受験まであと6ヶ月を切りました。

 

今年の3年生は、昨年度から共通テスト関係で振り回された挙句のコロナ騒動なので、前代未聞の大変な世代です。
それでも受験日程は変わらないので、3年生は1分1秒を大切に残りの受験生活を過ごすように心がけましょう!

 

 

 

 

 

※真友ゼミはこの時期の3年生のお問合せも対応していますが、お問合せや見学は1日でも早めにお願いします!

 

 

 

メルマガ登録

メルマガ登録

閉じる