世界史チャレンジ問題⑧|上越高田駅前教室

2021年09月23日

【世界史の問題にチャレンジしてみよう!】◎新潟駅・東三条駅・六日町駅・長岡駅・上越高田駅・仙台駅の塾、真友ゼミの講師陣による大学受験勉強方法ブログ!

 

 

激ムズ☆世界史チャレンジ!! 第8

 

 

 

 

 

第8回 イスラーム世界① ~問題編~

 

 

 

問1 イスラーム教のスンナ派とシーア派の教義の基本的相違について100字以内で説明せよ。

 

問2 アッバース朝の性格をウマイヤ朝と比較して、90字以内で説明せよ。解答に当たっては以下の語句を全て用いること。

 

地租   人頭税   アラブ人

 

 

問3 以下のイスラーム勢力による対外征服について、次の問いに答えよ。

 

    A. ウマルがニハーヴァンドの戦いで(  1  )に勝利した。

    B. タラス河畔の戦いで(  2  )の軍隊と戦い勝利した。

    C. トゥール・ポワティエ間の戦いで(  3  )と戦うが撤退した。

    D. イベリア半島のゲルマン人国家である(  4  )を滅ぼした。

 

   (1) 空欄1~4に入る国名をそれぞれ答えよ。

   (2) A~Dの出来事を、起きたのが早い方から順に並べ替えよ。

 

 

 

 

 

第8回 イスラーム世界① ~解答編~

 

さて、今回は短文論述に加え、並べ替え問題も加えてみました(タテ・ヨコの繋がりをきちんと把握していないと解けません)。

出典は問1:北海道大、問2:みんな大好き新潟大、問3:真友ゼミ上越高田校の鈴木謹製です!

 

では早速、通史確認、いってみよう!

 

 

 

イスラーム教…ヒジャーズ地方(アラビア半島西部、紅海沿岸)メッカにて

       クライシュ族・ハーシム家ムハンマドが創始した一神教 …610年 布教開始!

 

当時のメッカ…多神教徒が多数 →対立が発生、激化

       …ヤバいので622、メッカ脱出! →北西のメディナへ。

        これを聖遷(ヒジュラ)といいます

        ヒジュラ以降、イスラーム教徒は共同体(ウンマ)を作るようになった

         →このウンマの成立という意味でヒジュラは重要

          …故に、622年=イスラーム暦元年、になってます!

 

逃亡先のメディナ…ユダヤ教徒(一神教)がいっぱい!

         実はイスラーム教は、ユダヤ教から派生した宗教(※)

         ユダヤ教、及び分派のキリスト教・イスラーム教をまとめて

         「アブラハムの宗教」なんて言ったりもします。

          →ムハンマド「ワンチャン仲良くなれねーかなー」

           しかし教義が違うので、ユダヤ人とも対立…(T_T)

結局ユダヤ教とも決別したウンマ…元いたメッカを630年に征服!

 

(※)ムハンマドに啓示を与えたのは天使ガブリエルです。キリスト教の「受胎告知」の天使がここでも出てくるのです!マジか!

 

 

ここまでが、ムハンマドが生きていたころのお話です。

では次に、ムハンマドの没後もいってみよう!

 

 

 

ムハンマドの没後…信者「ウンマの後継者を選ばなきゃ!」

         →この後継者をカリフと言います。

         カリフは当初、選挙で選ばれました。こうやって選ばれたカリフを

         正統カリフと言います。

正統カリフは、以下の4人!

 

①アブー・バクル:初代正統カリフ。シリア、イラク方面に勢力拡大。

         この征服活動をジハードといいます。

 

②ウマル    :ビザンツ帝国と戦いシリア・エジプトを獲得

         ササン朝ペルシアとも戦う(642年:ニハーヴァンドの戦い

 

③ウスマーン  :↑のウマルが戦ったササン朝にトドメを刺す

         『クルアーン』成立はウスマーンの頃

 

アリー    :ムハンマドのイトコ。しかも娘のムコでもある!

 

アリーは、過激派のハワーリジュ派によって暗殺されます。

その好機に乗じ、アリーの政敵、ウマイヤ家のムアーウィヤがカリフの座に!

以後カリフは世襲化し、正統カリフ時代は終わってウマイヤ朝が成立します(661年)

 

 

ここで押さえたいVIPが4代のアリーです!

彼はアブー・バクルを抑えて初代カリフになったかもしれない人物でした。

 

しかし実際そうはならず、やっとカリフになったと思ったらムアーウィヤとモメた挙句殺害、と悲劇的な結末を迎えました。

なので、アリーの支持者は「正統カリフ」も「ムアーウィヤ」も認めない!と主張しました。

このアリー支持者をシーア派シーア・アリー(アリー派)が元)と言います。
一方、「ムアーウィヤはウェルカムで正統カリフも認める」人々はスンナ(預言者の慣行)といいます。

 

次に、ウマイヤ朝成立以降のイスラーム世界を見ていきましょう!

 

 

 

ムアーウィヤ…661年にウマイヤ朝を建て、カリフを称する

        →以降ウマイヤ家の世襲となる

       ウマイヤ朝の都…ダマスクス(現シリアの首都)

 

ウマイヤ朝期…正統カリフ時代に輪をかけてイスラーム勢力拡大!!

        ①イベリア半島(現スペイン)侵攻…711年、西ゴート王国を倒す

        ②そのままフランク王国(現フランス)へ

          …732年のトゥール・ポワティエ間の戦いに敗れ撤退

 

ウマイヤ朝の統治の特徴…とにかくアラブ人が超偉い!アラブ人第一主義

             →アラブ人は税金ナシ!

              非アラブ人は宗教問わず課税…

 

これに、非アラブ人のイスラーム教徒(マワーリー)が不満をもつ

 →アッバース家のアブー・アルアッバースがウマイヤ朝を倒し、アッバース朝を興す(750年)

  ※ちなみに、この翌年アッバース朝は何気に唐とバトってます(751年:タラス河畔の戦い)

 

アッバース朝(都:クーファ→のちバグダードを建設。現イラクの首都)

アラブ人第一主義を改め、ムスリム平等主義をうちだした

        ①地租(ハラージュ)アラブ人はナシ!→みんな払ってね!

        ②人頭税(ジズヤ)アラブ人はナシ!→イスラーム教徒ならナシ!

             ※ジズヤさえ払えば仏教徒でもゾロアスター教徒でもヨシ!

 

アッバース朝のVIP…①アブー・アルアッバース(建国者)

          ②マンスール(第2代カリフ、バグダード建設)

          ③ハールーン・アッラーシード(第5代カリフ、最盛期)

           …この時代がかの有名な『千夜一夜物語』(アラビアンナイト)の舞台になりました。

 

 

ここまでチェックしておけば全問解けるはずです!

というわけで、後は書くだけ!Here we go!

 

 

 

 

 

解答

 

問1

スンナ派は預言者の慣行に従い共同体の統一を重視し、正統カリフ及びウマイヤ朝のカリフを認めるが、シーア派は、第4代正統カリフのアリー及びその子孫のみを指導者として認め、他の者は認めない立場をとっている。

 

 

問2

ウマイヤ朝ではアラブ人が免税特権を独占していたが、アッバース朝ではアラブ人であっても地租が課される一方、イスラーム教徒であれば人頭税が免除されるというイスラーム平等主義に変じた。

 

 

問3

(1) 1:ササン朝(ササン朝ペルシア)

  2:唐

  3:フランク王国(メロヴィング朝)

  4:西ゴート王国

 

(2) A→D→C→B

 

メルマガ登録