大学紹介:中央大学

2020年03月04日

大学受験情報

中央大学はどんな大学?

 

 

皆さん こんにちは。  

今回は、前回の明治大学と同じくG-MARCHに含まれる中央大学を取り上げます!

 

 

簡単にこの大学の説明をすると、この大学は様々な留学制度と国際インターンシップを通して、国際的な人材を育てるために中央大学にしかない独自のカリキュラムを作り、現在2つの学科を新設しました。

それは国際経営学部国際情報学部になります。

 

まず両方の学部に共通するのは、単に社会に必要な人材を育成するのではなく、グローバルで外国語に対して質の高い学習環境が備わっているという点です。今では英語は私たちにとって日常的に触れる言語であり、誰もが必ず学ぶ言語になりました。どちらの学部も、異文化を理解し、グローバルな人材としての姿勢を学習することができます。

 

 

では、これから順番に各学部の紹介をさせて頂きます。

 

 

文系の学生が非常に多い国際経営学部は、文字通りに経営学とグローバル化を合わせた学部で、授業の大部分は英語を使用しますが、ビジネス界で使用頻度の高い中国語も使用します。

 

外国語の勉強をするだけではなく、実際に外国語を使える人材として学生が成長できるように、1年次には必修科目として短期海外留学制度があります。このような実用的な学習を行うことにより、未来の人材育成のために考えられた戦略的なプログラムということですね!

 

 

理系の国際情報学部は、現在起こっている様々な出来事と社会的な問題をグローバルマインドで解決するために、思考力を高め、情報学部と法学部の融合を目指した新しい学部です。

この学部は理系の学部ですが、実際は文系とほぼ変わらないカリキュラムになっています。理系の部分である情報学部、そして文系の法学部が一つになっており、世界の変化に合わせて学部の内容も発展している所が注目すべき点です!

つまり、この学部の一番の特徴は、日々変化する社会の流れに合わせて国際的な人材を育て、社会に貢献しているという所になります。

 

 

中央大学と言うと、文系が強い大学、特に法学部や経済学部を思い浮かべる方が多いと思いますが、いかがでしょうか? 少しイメージが変わったでしょうか? 

 

興味を持ったという方は、ぜひ詳細を調べてみて下さい♪

 

 

大学紹介:明治大学

メルマガ登録

メルマガ登録

閉じる