発音記号のススメ|上越高田校

2022年03月05日

【英語の発音記号】◎上越市・高田駅前の塾・真友ゼミ上越高田校スタッフによる高校受験・大学受験勉強方法・進路受験情報ブログ!

 

 

 

 

皆さん、こんにちは!

 

今回のゼミブログは、最近自分の担当教科がよくわからなくなってきている(笑)上越高田校の鈴木がお送りします!受験真っ只中の時期にはよく生物とか指導してました。文系講師ってなんだっけ?(笑)

 

 

さて、そんな生物の先生(違)が今回送るのは、ズバリ英語の発音記号の読み方です!…ホント僕って何の講師なんだろう?

 

 

 

 

発音記号 #とは

 

 

みなさんは、英語の辞書を引いたときに、単語と一緒に書いてあるヘンテコな謎の文字(?)を見たことはありませんか?

 

たとえば、こんな感じの。

 

 

 

English /íŋgliʃ/ 名 ① U 英語

 

 

 

多分、みなさんはこれがナニモノなのか、学校で習ってはいないと思います。

 

 

実は、これこそが発音記号というやつなのです。

 

その役目は、名前の通り発音を示すこと。とかく英語は文字と発音がまるっきり違うということが多いので、このような記号を用いて「Englishという単語はこんなふうに発音しますよ」ということを表しているのです。

 

 

…が、学校教育ではなぜかこれをガン無視するんですよね。

 

なんとな~くEnglishはイングリッシュで、This is a penはズィス・イズ・ア・ペン、と感覚で読んでしまう。

でも、よくよく考えてみると、それってすごく危険なことだと思います。よく「日本人はLとRの区別が苦手」なんて言いますが、

 

 

 

Mr.Suzuki prays in the church(鈴木先生は教会で祈る

 

 

Mr.Suzuki plays in the church(鈴木先生は教会で遊ぶ

 

 

 

なんて読んだ日には、鈴木先生は教会で騒ぐやばい人になってしまいます。

 

 

そうすると僕が困る…のではなく、

 

 

 

「リスニングの音声が全く聞き取れない!」

 

だとか

 

「私大の発音問題は勘で解くしかない!」

 

だとか

 

「英検二次で喋ったことが1ミリも通じない!」

 

 

 

 

となってしまって、みなさん大いに困るかと思います。

そこで、今回は発音記号について(超ざっくりと)説明します!

 

 

 

第1回 母音編

 

まず今回は、第1回ということで、母音について説明します。

 

 

日本語の母音は、知っての通りあいうえおの5つがあります。

 

そして、それがk,s,t,n,h,m,y,r,wなどの子音とくっつくことで、「かきくけこ」とか「まみむめも」のような五十音を構成しています。

 

 

それに対して、英語の母音ははるかに多いです。

同じア段の(ように聞こえる)音でも、例えばcome(ム)とback(ック)では全く違う音で発音されます。

いわば「ア」だけでもハンパない種類があるのです。

 

というわけで、今回は英語の母音を「アっぽい母音」から「オっぽい母音」の5つに分類しつつ説明していきます。

 

 

アっぽい母音

 

 

[a]:これは普通に「ア」だと思っておいていいですが、少し「オ」に近いです。

 

例:hot /ht/,God /ɡd/ ←ホットとかゴッドって読むでしょ?

 

 

[ʌ]:[a]より口を狭めて発音します。[a]よりくぐもった感じです。

 

例:cup /kʌ́p/,hurry /hʌ́ri/ ←uとかoを「ア」と読むときの音

 

 

[æ]:今度は逆に、より口を横に広げて発音します。「ア」と「エ」の中間です。

 

例:anger /ǽngər/,gas /gǽs/ ←aは「エイ」と読むだけあって「エ」寄り

 

 

[ə]:[ʌ]よりさらにくぐもった音です。もはや「ア」というより「ウ」です。

 

例:about /əbáut/,until /əntíl/ ←弱く読むところでしょっちゅう出てきます。

 

 

 

 

②イっぽい音

 

 

[i]:正確には「イ」と「エ」の中間の音なのですが、「イ」だと思っておいて差支えありません。

 

例:in /in/,import /impɔ́ːrt/

 

 

 

③ウっぽい音

 

 

[u]:他に紛らわしい音はないので「ウ」だと思っておいていいですが、実際はだいぶ「オ」に近いです。

 

例:cook /kúk/,book /búk/

 

 

 

 

④エっぽい音

 

 

[e]:これは「エ」でOKです。

 

例:egg /éɡ/,end /énd/

 

 

 

 

⑤オっぽい音

 

[ɔ]:本当は若干「ア」寄りですが、ほぼ「オ」です([ʌ]をもっと「オ」に寄せた感じです)

 

例:along /əlɔ́ŋ/,avoid /əvɔ́id/

 

 

また、母音の後ろに[:]が来た場合は、その母音を伸ばします。

 

例:father /fάːðər/,beat /bíːt/,cool /kúːl/,already / ɔːlrédi /

 

 

そして最後、母音の後ろに[r]が来たら、発音の直後に舌を丸めます。

 

例:earth /ə́ːrθ/,arm /άːrm/

 

 

 

 

 

 

「ややこしい!!」と思った皆さんもいるかもしれません。

 

でも、少々訓練すればすぐに読めるようになります。

 

実際、(自分語りで恐縮ですが)僕自身、中高通して学校では発音記号を習わなかったのですが、中1で勝手に学習を始めて、気が付いたら(たしか中1のうちに)読めるようになっていました。

 

 

そんなことを言うと「いうて鈴木先生新大卒でしょ」とか言われそうですが…逆に言えば六日町校の山口先生(東北大卒)や新潟校の中山先生(早稲田大卒)ほどの頭脳は持っていない、そんなフツーの子供(当時)でも発音記号は覚えられる!ということに他なりません。

 

 

だから皆さん、Let’s begin, together! / léts biɡín təɡéðər/

 

 

 

 

 

 

告知

 

真友ゼミ上越高田校では、英検合格プランの受付を行っています!

大学入試試験でも、英検を持っていると優遇されたり、外部検定利用入試を受けられたりとメリット盛りだくさんです!

社会に出てからも、最低限の英語スキルがあると大変役に立ちます!(僕のような仕事をしていると特に実感します)

みなさん、今のうちに取得しておきましょう!

 

プラン

受講費(税込)

セット受講

(税込・割引適用)

受講内容

 

5~4級対策プラン

8,800円+テキスト代

7,040円+テキスト代

・各級の対策を少人数指導で実施

・自習室利用

・フリー質問対応

3~準1級対策プラン

11,000円+テキスト代

8,800円+テキスト代

 

メルマガ登録