古文の読み方⑪|東三条駅前教室

2020年09月22日

◎新潟駅・東三条駅・六日町駅・長岡駅・上越高田駅・仙台駅の塾、真友ゼミの講師陣による大学受験勉強方法ブログ!

 

 

古文の読み方⑪ 過去の助動詞「き」「けり」について学ぼう!

 

 

今回は、過去の助動詞である「き」と「けり」の二つについて、「意味」「活用」「接続」の3つのポイントで説明していきます。

 

◆前回(打消の助動詞「ず」について学ぼう)

古文の読み方⑩|東三条駅前教室

 

 

 け

 り

基本形

 

 

 

 

未然形

 

 〇

 

 

 

 

連用形

 

 け

 り

 

 き

 

 

終止形

 

 け

 る

 

 し

 

 

連体形

 

 け

 れ

 

 し

 か

 

已然形

 

 

 

 〇

 

 

命令形

 

 

 

・助動詞「き」の活用

 

助動詞「き」の活用は上図の通りです。
連用形と命令形にある「〇」は、存在しないということを表しています。

 

 

・助動詞「き」の接続

 

活用語の連用形に接続します。
ただし、カ変・サ変には未然形にも以下のように特殊な接続をします。(下線部が助動詞「き」)

 ・カ変…「来し(しか)」(未然形)、「来し(しか)」(連用形)

 ・サ変…「せし(しか)」(未然形)、「し」(連用形)

 

 

・助動詞「き」の意味

 

過去(…タ)

 

 

・助動詞「けり」の活用

 

助動詞「けり」の活用は左図の通りです。

 

 

・助動詞「けり」の接続

 

活用語の連用形に接続します。

 

 

・助動詞「けり」の意味

 

・過去(…タ、…タソウダ)
・詠嘆(…タナア、…コトヨ)

 

 

 

助動詞「き」「けり」の3つのポイントは以上です。

 

さて、ここで大事になるのは、同じ過去の意味を持つ2つの助動詞の使い分けです。
これらは微妙な意味の違いがあるんです!それは、「直接過去」か「間接過去」かの違いです。

 

「き」は直接経験した過去の出来事を回想して述べるときに使います。(直接過去)
それに対して、「けり」は間接的に知った過去の出来事を回想して述べるときに使います。(間接過去)

 

文脈から、今話しているのは直接過去なのか、間接過去なのかを読み解くことが、判別するヒントになります。

 

以上が、助動詞「き」「けり」の紹介でした!

 

 

 

◆次回(断定の助動詞「なり」と「たり」について)

古文の読み方⑫|東三条駅前教室

メルマガ登録

メルマガ登録

閉じる