古文の読み方⑭|東三条駅前教室

2020年10月13日

◎新潟駅・東三条駅・六日町駅・長岡駅・上越高田駅・仙台駅の塾、真友ゼミの講師陣による大学受験勉強方法ブログ!

 

古文の読み方⑭~推量の助動詞「む」「むず」について学ぼう!~

 

◆前回

古文の読み方⑬|東三条駅前教室

 

今回は、推量の助動詞である「む」「むず」の2つについて「意味」「活用」「接続」の3つのポイントで説明していきます。

 

 

 む

 ず

 

 

基本形

 

 

 

 

未然形

 

 

 

連用形

 

 む

 ず

 

終止形

 む

 ず

 る

 

 

 む

 

 

 

連体形

 

 

 め

 

 

已然形

 

 

 〇

 

 

 〇

 

 

命令形

 

・助動詞「む」「むず」の活用

 「む」「むず」の活用は左図のとおりです。表にある「〇」は、活用が

 無いことを表しています。

 

・助動詞「む」「むず」の接続

 活用語の未然形

 

・助動詞「む」「むず」の意味

 ①推量(…ダロウ)

 ②意志(…ウ…ヨウ…ツモリダ)

 ③適当・勧誘(…ガヨイ…テクダサイ)

 ④仮定・婉曲(…トシタラ…ヨウナ)※婉曲は無理に訳さなくても良い。

 

 ※ちなみに意味の覚え方に「スイカ割れてムっとした」という有名な語呂合わせがあります。

 

 

以上が助動詞「む」「むず」の「意味」「活用」「接続」になります。

ここで大事になってくるのが、意味の判別法です。
「む」「むず」の意味は4つもあるので、その意味の判別が非常に重要になってきます。

 

ただ、判別のルールが存在するのでそれに当てはめていけば、問題なく判別できます。助動詞「む」「むず」の意味の判別は、主語の人称によって決まります。以下をご覧ください。

 

 

・一人称(自分)…「意志」

・二人称(相手)…「適当・勧誘」

・三人称(それ以外の人やもの)…「推量」

 

 

ただ、「仮定・婉曲」については以下のような判別をします。

 

 

・む(連体形)+「は、に、には、体言」→「仮定」

・む(連体形)+「体言」→「婉曲」

 

 

 

以上が助動詞「む」「むず」の紹介でした!

 

 

◆次回:推量の助動詞「べし」について学ぼう!

古文の読み方⑮|六日町駅前教室

メルマガ登録

メルマガ登録

閉じる